神奈川県・横浜市の葬儀

神奈川県横浜市の葬儀

死亡通知とは?

死亡通知状は、故人の氏名や死亡した日、葬儀告別式の日時を連絡するための書面のことです。

社葬と違い、普通の家庭では、親族や友人への死亡の通夜、葬儀の日時の連絡は電話でお知らせすることが多いようです。 郵送でお知らせする死亡通知は、社葬をはじめとし、会社関係のお付き合いに関して送る場合がほとんどです。

死亡通知には、大きく分けて「葬儀の前に、葬儀の日時や場所などを知らせるもの」と「葬儀を済ませたあとで、死亡したこと、および葬儀を済ませたことを知らせるもの」の2種類があります。

◎葬儀の前に、葬儀の日時、場所などを知らせる死亡通知
大きな会社の役員や社会的に地位のある方が亡くなられた場合は、新聞に死亡広告を掲載する場合もあります。

◎葬儀を済ませたあとで、死亡したこと、および葬儀を済ませたことを知らせる死亡通知
故人の友人や知人、遠方にお住まいの方などに郵送でお知らせしますが、年末が近ければ年賀状の欠礼ハガキ(年賀欠礼状)で代用する場合もあります。 なお、職場などにおける社内文書での「死亡通知書」とは、社員やそのご家族の死亡を知らせる通知書面となります。この場合、社内での情報共有の目的の他に、故人とのお付き合いの深さにり、各自が個別に弔電を打ったり通夜や葬儀に参列したりすることを目的としています。

他にも、お悔やみの手紙を書いたりといったことにも必要となり、職場によっては回覧や掲示などがなされることもあります。 死亡通知状を出す時期は、葬儀のご案内の目的であれば、葬儀の前になりますので、準備が整い次第、なるべく早く出します。

スケジュール的に厳しい場合がほとんどですが、遅くとも葬儀の前日までに先方に届くよう準備をしましょう。内容は、葬儀の日時や場所などですが、とくに葬儀式場の場所がわかりにくい場合には、最寄駅から式場までの地図などを入れておいた方が親切です。
葬儀を済ませてから先方に送る死亡通知の場合には、初七日の頃が目安となりますので、なるべく早く手配をしておきましょう。


<ご参考:葬儀斎場(横浜市)>

青葉区・都筑区・緑区・瀬谷区・旭区の方は、火葬場併設の横浜市営北部斎場を利用する事が多いです。
金沢区の方は、火葬場併設の横浜市営南部斎場を利用する事が多いです。
港北区の方は、火葬場併設の横浜市営北部斎場・西寺尾会堂を利用する事が多いです。
港南区・磯子区・栄区の方は、火葬場併設の横浜市営戸塚斎場や横浜市営南部斎場を利用する事が多いです。
西区・中区の方は、火葬場が近くにある横浜久保山霊堂を利用する事が多いです。
保土ヶ谷区・泉区・戸塚区・南区の方は、火葬場併設の横浜市営戸塚斎場を利用する事が多いです。
神奈川区の方は、火葬場併設の横浜市営北部斎場・横浜久保山霊堂・西寺尾会堂を利用する事が多いです。

■ 横浜の葬儀


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar