任意売却専門業者に相談しよう

任意売却専門業者に相談しよう

自宅に設定された銀行の抵当権を抹消する方法は、抵当権のもととなるローンを完済することか、銀行自身が抵当権の抹消に同意することの2つが考えられます。
一般的にはローンを完済することで抵当権も実質的は消滅しますから、後は銀行から書類をもらって登記所で申請をしてそれで話は終わりです。
ところが問題はローンが完済できない場合です。抵当権というのは借金のカタなので、普通銀行自ら抹消手続きに同意することはありえません。抵当権を抹消することに同意するということは、お金は返さなくて良いと言っているようなものだからです。
ですがこれが任意売却となると話は異なります。任意売却の話が出る時点でローンの返済は滞っていますから、そうなると最終的には競売手続きに入ってしまいます。銀行としても資金回収の少ない競売は避けたいので、任意売却に同意するのです。未だ借金が完済されていないにもかかわらず、銀行自ら抵当権の抹消に同意する唯一のケースが、任意売却の手続きなのです。
まずは任意売却専門業者に相談しましょう。  


任意売却で今の家に住み続けるには

住宅ローンが払えなくなり何か月も返済を滞らせてしまうと、ローンを返済する権利をはく奪され、家を売るしかなくなってしまいます。
ですが子供の学校や知人との付き合い、勤務先のことを考えると、今の家から離れることは厳しいという方も多いでしょう。 そのような場合には、家が債権者によって競売で売却される前に、任意売却してしまうという手があります。 競売だと誰がその家を買っていくのか分かりませんから、売却が決まると手放すしかありませんが、任意売却なら、まとまったお金を持っている身内か協力者がいれば、一旦その方に家を買い取って貰い、そこに住まわせて貰うという形で、現在の家を出ていかなくて済む場合があります。
任意売却をするには競売と違って自分で書類の用意や交渉等をする必要がありますが、そのような任意売却のことを全く知らない素人には少々敷居が高いので、任意売却専門の業者に相談するのが無難でしょう。
競売が始まってしまうと任意売却もし辛くなるので、決断は早めにした方が良いです。


【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却  新宿区/ 任意売却  文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区
【東京都下(町村部)】
任意売却 瑞穂町/ 任意売却 日の出町

Calendar