仏壇の購入と手入れ

仏壇の購入と手入れ

仏壇はどのタイミングで購入するか
法要までの手入れについて


仏壇はどのタイミングで購入していいものか。

基本的には四十九日までには用意します。そのためには、まず安置する場所を決めなくてはいけません。仏壇をどの程度の大きさにするのかを決めるためには場所をまず最初に決めます。その次に値段をどうするかを決めましょう。

仏壇そのものではなく、この前書いたブログにもありましたが必要なものも含めて一式ありますので、それも含めた値段で考えましょう。なにか分からないことはお坊さんに相談するのが一番良いです。

仏壇は買ってきたらそれでいいというものではないのです。お坊さんに「開眼法要」をしていただきましょう。この儀式によってご本尊と位牌は「尊像(そんぞう)」になれるのです。このときに仏壇をお清めする儀式も行います。もし、仏壇を買い替えた場合は、よもや・・・ですが大型ゴミなどにはせずにお寺などで供養しましょう。

開眼法要までには本位牌を用意して、入れ違いに白木の位牌は必要なくなるのでお寺に納めることになります。開眼法要が終わったときにお坊さんに「お布施」をお渡ししますが、このときは年忌法要と同じくらいの金額は必要になります。そのくらい重要な儀式だと認識してください。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar