仏式の法要の準備

仏式の法要の準備

仏式の法要の準備

仏式の大事な法要がいくつかあります。

四十九日、一周忌、三回忌、三十三回忌が大事な法要に該当します。お坊さんに来てもらいお経を読んでもらいます。大事な法要の祭にはあらかじめ準備が必要になります。規模にもよりますが、2ヶ月は前から始めましょう。

家族同士でいくつかの法要が重なることもありますよね。一緒に抱擁することを合斎(ごうさい)といいます。ですが一周忌と他の法要を一緒に行ってはいけないようです。施主(法要を主催する人)を決めたら、お坊さん胃スケジュールの確認をします。

そして日取りを決めます。一般的には正命日に行いますが平日で凝られない肩もいらっしゃることがあり土日に行うことが多くなりました。法要はお寺か自宅で行います。人数を確定したい事柄がある場合は招待する方に返信用のはがきも一緒に送りましょう。そうすると次の段階に進めます。

人数が確定した時点で会食の手配をすることになります。服装に関しては、三回忌までは喪主は正装(喪服を着る)をすることになっていますが、その後に関しては失礼のない服装を心がけておけばよいそうです。さすがにジーパンの喪主だとびっくりしますよね・・・
招待される側もそうですけれど。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar