宗教や宗派ごとの葬儀の注意

宗教や宗派ごとの葬儀の注意

葬儀を行う前には、個人の宗教や宗派を確認しておくことが大切になります。日本で行われる葬儀は多くが仏式の葬儀であり、一般的には菩提寺の僧侶に葬儀をお願いすることになります。しかし、菩提寺が遠くにあるために葬儀をお願いできない場合には、近くにある同じ宗派の寺院を葬儀業者に紹介してもらうことになります。この際にも、戒名は菩提寺から付けてもらうようにした方がいいでしょう。別の寺院につけてもらうと、納骨の段になったときに菩提寺から断られたり戒名を再びつけ直す手間が生じたりするからです。

神道では、関係のある氏神の神職に斎主をお願いすることになります。一般的に神社で葬儀を行うことはなく、式場まで斎主に来てもらうことになります。キリスト教であれば、神父(カトリック)または牧師(プロテスタント)に立ち会ってもらうことになります。

友引と葬儀の関係性について

友引といいますと、いろいろとマイナスの面でとらえられてしまう事もあります。

実は葬儀についても基本的に友引の日は行われない事が一般的です、葬儀については葬儀会社も休みとしているようなこともありますし、積極的に葬儀を行わないようなこともあるわけです。

そこで友引と葬儀についてですが、具体的に行われにくい理由としては一緒に誰かが死ぬというイメージがついてしまっているからです。

もちろん迷信ではありますが、イメージから葬儀が行われなくなったという事です。
しかし、宗派によっては、そういった日でも関係なく葬儀を行う場合もあります。

一方で、仮に葬儀は出来たとしても火葬場が休みに設定されている事も多く、そういった日はやはり葬儀には適していないと判断できます。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar