住みなれない土地での葬儀

住みなれない土地での葬儀

住みなれない土地での葬儀は心配も多かったです。

年齢を重ねたものの葬儀は、そう遠くない将来に亡くなるかもしれないという心の準備が出来てくるものですが、

まだ若い家族が亡くなるときは、気持ちが付いていけず、また、亡くなったのが母親だった場合などは、葬儀の準備が進まない物です。また、住み慣れた土地で無い場合は、葬儀をお願いするお寺さんも違ってきますから、どうしたらよいかわからないことも多いですね。我が家はたまたま母が互助会をしていたので、母が亡くなった時は、そちらに葬儀をお願いしました。葬儀場も近く、きれいな施設でした。

葬儀の準備はほぼ、互助会のスタッフの言うがままに進みました。積み立てでは不足で、かなり追加でお支払したようですが、食事の手配から、返礼の手配までしてもらえ、良かったと思っています。

キリスト教式葬儀についてもチェック

葬儀と言えば仏教式のものがまず頭に浮かぶものです。しかし、当たり前ではありますが、何も宗教は仏教式のものばかりではありません。

他のタイプのものもありますので、ご家族にほかの宗教の方がいる場合やお知り合いにほかの宗教の方がいる場合には、

その他の葬儀の流れというものも把握しておくべきです。

そのその他の宗教の葬儀ですが、比較的多いと言われているのがキリスト教式葬儀となります。

キリスト教式葬儀ですが、カトリックとプロテスタントによっても違いがありますので、

そのあたりは考慮しなければいけません。
ただ、キリスト教式の葬儀は柔軟です。日本の風習をかなり取り入れて行われる事が一般的です。
納棺式や献花が行われる事が多いので、それほど難しいという印象は受けないはずです。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar