葬儀・告別式に参列する際の注意点について

葬儀・告別式に参列する際の注意点

葬儀や告別式に参列する際には、注意すべき点がいくつかあります。

まず、会葬開始時間の十五分ほど前には会場に到着し、受付を済ませます。

葬儀や告別式は、故人を静かに見送る儀式です。そこへ遅刻し、あわただしく会場に入ることは慎まなければなりません。何らかの事情で遅刻する場合は目立たぬように末席へつき、読経や焼香、弔辞などの迷惑にならないようにします。

葬儀会場には喪主や遺族がいますが、わざわざ近づいたり呼び止めたりして話をするのはマナー違反とされています。

故人の死因を尋ねたり、故人と対面させて欲しいと頼んだりするのも厳禁です。喪主や遺族のデリケートな心情に配慮し、節度ある言動を心がけましょう。

また、葬儀や告別式で知人に会った場合は目礼をする程度にとどめ、声高に世間話などをするのは避けましょう。

そして、「次々」「ますます」「たまたま」などの重ね言葉は、不幸の連鎖を想起させます。葬儀中の会話では、こうした重ね言葉を使わないように留意することが必要です。

葬儀や告別式ではマナー厳守を心がけ、故人の冥福を祈りたいものです。

葬儀における合同葬とはどういったものか

葬儀の種類は数えきれないほどあるとも言われています。しかも現代では、さまざまな葬儀が現在も生まれているというような見方もできるわけです。そこでその葬儀というものについてですが、注目していただきたいものがあります。

それは、合同葬というものです。ちょっとイメージがつかないかもしれませんが、最近良く行われている葬儀の形態の一つです。

合同葬という葬儀ですが、企業が遺族と合同で葬儀を行う事を言います。

社葬の場合は企業がメインですが、合同葬は遺族と企業が合同で行う葬儀という事になるわけです。

合同葬は企業と遺族が行いますので、葬儀費用について半々で分け合うという事が可能です。

これは会社としてのメリットも大きく、現在注目されている葬儀の一つです。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar