葬儀社を選ぶ判断基準は色々あります

葬儀社を選ぶ判断基準

1つの店舗が長く経営している葬儀社は優良である可能性が高いです。経歴の長い葬儀社なら、施行した葬儀の履歴を提示してくれることもあります。

それを見せてもらって、自分の求める葬儀ができるかどうか考えるのも方法の一つです。

葬儀社のパンフレットが読みやすいかどうかも、依頼側の気持ちを汲み取っているかどうかが分かります。

そして葬儀の契約を急かしたり、強く押し付けたりしないところを選んでください。何かしらの理由をつけて急かす葬儀社の場合は考え直してください。

この場合、葬儀の支払い期日も短い場合があります。金銭面でトラブルになりかねないので、支払期日に余裕ある葬儀社を選びましょう。

病院から紹介されている葬儀社が全て優良とも限りません。葬儀担当の人間が信頼に足るかどうかで葬儀を依頼するようにしてください。

事務的すぎる葬儀会社の人

大人になって初めて自分の家族が若くしてなくなった時の話です。

夜中にも関わらず、葬儀会社の人が来てくれました。葬儀に関してのいろいろな説明を受ける中で、もう少しで「怒り爆発」になってしまう事がありました。

初めてだったので、そう感じてしまったのかもしれませんが・・
あまりにも葬儀会社の人が事務的すぎたんです。
もちろん、葬儀を仕事としている人達ですし、毎回毎回感情を込めて話しする事はしないとは分かっているんですが、私にはその方の言葉言葉がズキズキと胸に刺さってきました。死亡して間もないのに「もう死んじゃったからね」「ここにはいないからね」・・・

泣きたいのを我慢して打ち合わせしてるこちらの気持ちも少しは分かってもらいたかったです。葬儀会社の人も葬儀に慣れ過ぎはよくないんじゃないかと思ってしまいました。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar