葬儀にかかる費用について

葬儀にかかる費用について

葬儀を出すにあたって、どれほどの費用がかかるのか、というのは考慮したいものです。

支出として考えられるのは、亡くなった人の宗教や宗派、また葬儀会社によって異なってきますが、多くは次の3つが大きな項目として考えられます。

お布施やお車代、御膳料など「お寺や教会などへの謝礼」、「葬儀料金」として葬儀会社に払うことになる基本料金(祭壇や棺などの葬儀一式をセットにしたもの)やオプション料金(基本料金に含まれないもの、親族・会葬者の人数や依頼者の希望でプラスされるもの)、通夜ぶるまい、精進落とし、粗供養品などの「飲食接待費」がそれらです。

また葬儀費用は支出だけではなく、収入の方も考えておきましょう。香典の他に、国民健康保険に加入していた故人には葬祭費が支給され、健康保険加入者には埋葬料、被扶養者には家族埋葬料が支給されます。

高額な葬儀費用について

だれもが一度は目にした事のある葬儀ですが、その費用は実際に行ってみないと検討がつきません。

葬儀の規模や仕様によっても価格は異なりますが、平均としては120万〜150万と言われています。

思っていたより高くて驚きます。
その葬儀費用で一番大きい部分を占めるのが、会場代です。
公営の場所を使えば10万円以下で収まりますが、民営の会館を使うと、20万〜50万程の費用になります。
次に葬儀費用の大部分を占めるのが、祭壇です。

30万前後が平均的ですが、いい祭壇にすればいくらでも高い物があります。しかしながらあまりに質素な祭壇で、故人をお見送りするのもどうかと思うので、ある程度お金をかけたい部分ではあります。大体の葬儀費用を頭に入れておき、直前になって慌てないようにしましょう。


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar