キリスト教の作法

キリスト教の作法

キリスト教の葬儀や法要の際の作法

キリスト教の葬儀のお作法について少し書きます。

こちらに関してはカトリックとプロテスタントの違いは特にないようなのであわせて書くことにします。もし違いがあればご指摘下さい。不勉強で失礼をしたら大変申し訳ありません。

キリスト教はもともと土葬する習慣になっていますので、掘った穴の中に棺を安置して上から花を入れるような形式なのだそうです。しかし日本では火葬しなければなりませんし、仏式のお焼香や神道の玉串をささげるような形を取るようになっています。献花(けんか)を行うのですが、その方法について説明します。

用意する側は茎の長いお花を用意しておきましょう。カーネーションなどが一般的です。茎が長いと献花しやすいですね。まず、ご遺族に礼をしてから右手に「花」の部分が来るように、そして左手に「茎」の部分が来るように受け取りましょう。

献花台の前で礼をして手前(自分のほう)に花が来るように右手に回して左手の茎の部分を献花台に向けます。そのまま花を手前にして献花台に置きます。手を合わせてお祈りしてからカトリックであれば神父さん、プロテスタントであれば牧師さんに礼をしてから自分の席に戻ります。

ここで違うのは礼をする相手が神父さんか牧師さんか、くらいですね。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar