神道の霊祭

神道の霊祭

神道の霊祭についてのお話

神道では五十日祭まで10日毎に霊祭をします。五十日祭で忌明けの扱いとなります。お墓の前に供物をおそなえして、神官に祭祇(さいし)を奏上(そうじょう)してもらってたまぐしをささげます。

五十日祭が終わった次の日に「清祓の儀(きよはらいのぎ)」を執り行ないます。それから「手水の儀(しょうずのぎ)」と「祓詞の奏上(はらいことばのそうじょう)」などをしてから神棚を隠していた紙を取り除きます。これで忌明け(きあけ)したということになります。

五十日祭から100日祭の間に「合祀祭(ごうしさい)」を行います。100日祭からあとにかんしては正命日に「式年祭(しきねんさい)」、そのほかについては十年祭、二十年祭を大掛かりに執り行ない仏式でいうところの「弔い上げ」ということになります。

用語の補足を少ししますね。合祀祭(ごうしさい)とは仮御霊屋に祭ってあった故人の霊を代々の霊を祭る場所に移すという儀式になります。式年祭(しきねんさい)とは仏式でいうところの「年忌法要」の意味合いに似ているようです。

現在では五十日祭までの霊祭については略して行われることが多いようですね。区切り区切りで大掛かりに行うのは仏式も神道も変わりはないように感じます。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar